今更ですが、しつこく行きます。スペイン旅行 ⑧★

はははっ、自分でも、乾いた笑しか出できません。すいません(T0T;)


スペインをバイバイした後、バスはひたすら長い一本道を走っていきます。


周りはコルクの木とアーモンドの木。

そして、眼前に広がる草原と地平線。


時たま、人口的に植えられたオリーブの木々がかすめて行きます。



ポルトガル人はガイドさんいわく

どこか、田舎臭くて、あたたかい素朴な国民性らしいです。


ポルトガル自体はヨーロッパの中ではそんなに裕福な国ではないそうです。

医者、政治家、会社社長、弁護士など、一部の人達が裕福で、一般人との格差が、日本よりも顕著に大きくあるそうです。

今でこそ、学校教育の義務化はなされていますが、一昔まで、家が裕福ではないために学校に行けない子供達や途中で学校を辞めた子とかもけっこうあったそうです。



でも、ポルトガルといったら、歴史上では日本とは切っても切れない関係ですよね。

鉄砲伝来とか、織田信長とか、ザビエルとか

歴史好きな人にはたまらん国だと思います。


そしてゆーりにとってみたらあの、サッカーの強い「ポルトガル」です

フィーゴとか

リカルドとか

ミゲルとか

クリスチャーノロナウドとか!

名選手ばかり。



ポルトガルに着くと、リスボンを観光。


何気に、バスコ・ダ・ガマの家の前を通ったり。


画像


街に、ギリシャ神殿が残っていたり。とにかく凄い。


画像



街並みは、オモチャの家みたいで、凄くかわいい~


ここの街のお土産は鶏をモチーフにした物が多いです。


あらぬ盗みの罪をかけられた修道僧が自分の無実を示すために(しかも、絞首刑にさせられそうになった)

「私が無実ならば、あなた達が今晩食べる鶏(調理された)が鳴くでしょう。」と言いました。

そして、その夜、言った通り鶏が鳴いた為に助かったと言う伝説があります。


そのため、鶏は縁起物として多くのモチーフとして使われるようになったそうですよ。



画像


ゆーりばっかり写ってる・・・・。



世界遺産「ジェロニモス修道院」へ

ここは、ポルトガルの王族が眠っている建物です。
そして、バスコ・ダ・ガマも眠っています。


画像



画像



画像



画像



その近くの海岸には


エンリケ航海王子を讃えた「発見のモニュメント」と

司馬遼太郎氏がテージョ川の白い貴婦人と喩えた「ベレンの塔」があります。


2つともものすごく大きいです。




画像



たくさんの人が彫刻されてますね~。




画像




すいません。


アホが一人黄昏ています。


「テージョ川の白い貴婦人」と喩えられているベレンの塔。
刑務所としても使われていたらしいです・・・・。貴婦人には棘がある。何だか複雑。


中は見なかったけど、見張り台とか、大砲とかあるそうです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

chouboo
2008年06月12日 22:09
こんばんは、ゆーりさん!
田舎臭いポルトガルには親近感が湧きますね。
そーそー、
ポルトガルにも闘牛があるようですね?
スペインのように最後にマタドールが出てきて
牛に止めを刺すのではなく
牛の体重と合計体重が同じになる、数人の男が
素手で牛を押さえつける!
男臭い!!
なぜか親しみが湧いちゃいます(~▽~)
2008年06月13日 11:14
お久しぶりです~↑↑
外国はやはり建物からして
おしゃれですねっ☆★
顔が隠れているのはー…
ゆーりサンでしょうかなっ♪♪(笑)
動きもまた可愛らしい…っ!!!
もえぎ
2008年06月13日 19:12
こんばんは。

「ベレンの塔」の写真は、青空もきれいです。

ところで、私のブログ・・

http://days.yahoo.co.jp/

プロフィール検索
ニックネーム もえぎ(山野めぐみ)

まず、yahoo ID PW ニックネーム
の登録をお願いします。

そして、days に、ゆーりさんのサイト(ブログ)を作っていただき、
私のブログに「友だち登録」を依頼してください。

面倒ですみませんが、日記の公開は「友だち限定」になっています。

ほとんど毎日更新で、読書の記事が多いです。

友紀さんも、時間のとれる時に yahoo をのぞいてみてください。

よろしくお願いします。
ゆーり
2008年06月15日 13:51
choubooさん、お久しぶりです。
こんにちは!

おおっ~。
ポルトガルの闘牛の事ご存知でしたか~。
はじめ聞いたとき、ぶっちゃけ、笑ってしまいました。
屈強なる男達が牛を己の肉体で止める。
凄いけど、なんだか・・・
本当ですね!男臭いですね(^▽^)
でも、スペインの闘牛よりもゆーりはポルトガルの闘牛が見たいです。

ゆーり
2008年06月15日 13:56
友紀さん、お久しぶりです。
げんきにしていました?(^▽^)

ゆーりはこの通り、今、あまりブログが更新できないです。(TT)

外国の街並みはどこへ行ってもみんな新鮮に見えました。
きっと、日本に来る外国の方もみんなそう思っているのかもしれませんね。

顔が猫化しているのは・・・
ずばり、ゆーりが写っているからなのです。
いや~お恥ずかしい。

ゆーり
2008年06月15日 14:00
もえぎさん、お久しぶりです。
お元気そうで何よりです(^▽^)
ヤフーのIDですね。
じつはもう、持っているのでその点は大丈夫だと思うのですが、ブログを作らないともえぎさんのブログを見ることは出来ないそうですね。
了解しました(^▽゜)★
葉菜
2008年06月18日 01:44
お久しぶりです 
ポルトガルの街並み
ほんと子供の頃見た旅番組から憧れていて..
素敵だな~
空が濃い青ですね~
2008年06月19日 16:23
こんちは(^-^)ノ
建物が綺麗☆
ギリシャ神殿にバスコ・ダ・ガマ
確かに ポルトガルと言えば
歴史で習うってイメージが強いな~
もし調理した鶏が鳴いたら
「あっきが間違ってました」って
確実に泣きながら謝るねm(_ _)m
縁起物でも ちょっと怖いかも…
ゆーり
2008年06月22日 23:34
葉菜さん

どうしてでしょうね。
同じ青い空なのに、濃い青色に見えますよね。
なぜだろう?

白い壁のオモチャの家のような佇まい、いいですよね。

ゆーり
2008年06月22日 23:38
あっきさん

この街の伝説って、ちょっとホラー入ってますよね(^▽^)
最初、ガイドさんから聞いた話だと

鶏が鳴いても、無実の僧侶は結局、処刑されたなんて聞いて一緒に聞いたおばちゃんと「後味悪い伝説やな~」って凹みました(苦笑)
でも、後から訂正されて「よかった~」
って思ったのですけど、ちょっと怖いですよね。